青葉の森公園
  • 彫刻の広場
  • 青葉ヶ池
  • 西洋庭園
  • さくら山
トップページ 新着情報 公園案内 公園マップ アクセス
基本情報

所在地:千葉市中央区青葉町
面積 :53.7ヘクタール

お問合わせ

千葉県立青葉の森公園
指定管理者
一般財団法人
千葉県まちづくり公社
青葉の森公園管理事務所
〒260-0852
千葉市中央区青葉町977-1
電話:043-208-1500
FAX:043-208-1508

カルチャーゾーン

施設案内

公園センター

公園センター

都市緑化の関する広報活動を目的として設立されました。公園センター内には「公園管理事務所」、花や緑に関する疑問をお答えする「緑の相談所」、花や緑に関する「図書コーナー」、「展示コーナー」があります。その他、季節にあわせた植物が展示されています。

【開館時間】
9:00~17:00
【休館日】
年中無休
【入場料】
無料

緑の相談所

緑の相談所

花や緑、園芸に関する様々な疑問に緑の相談員がお答えします。
また、草花や樹木、果樹、野菜、クラフトなど様々なテーマの講習会を開催しています。

緑の相談所ガーデンのご案内

【相談日】
水曜日、木曜日、土曜日、日曜日
年末年始の相談はお休みとなります。
【時間】
10:00~12:00、13:00~16:00(受付は15:30までとなります。)
【受付方法】
窓口、電話
【電話番号】
043-208-1510

彫刻の広場

彫刻の広場

誰もが楽しめる具象彫刻作品を園路に沿って20体配置してあります。これらの作品は、現代の日本を代表する彫刻家による作品群です。都市生活の憩いの場として、彫刻の広場は多くの人々に愛され、親しまれています。

西洋庭園

西洋庭園

長さ70m、幅15mの大噴水と芝生のコントラストが美しい庭園です。
※現在、噴水を停止しています。

荒久古墳

荒久古墳

荒久古墳は東京湾に開析された千葉寺谷の最奥部に作られた古墳です。明治24年に行われた発掘調査では多くの出土品がありましたが多くは散逸してしまい、詳細は明らかではありません。その後昭和34年に改めて発掘調査が行われた結果、一体分の人骨、琥珀製棗玉3個、鉄製の馬具などが出土されました。
かつては一辺約20mの方墳であったようで、大陸の墓制の影響を強く受けた最終末期(八世紀代)の古墳であり、本地域の歴史を知る上でも重要な古墳です。

梅園

梅園

35品種、約400本の紅梅・白梅が植えられています。ウメの花は1月下旬から3月上旬まで楽しめ多くの花見客でにぎわいます。梅園の一角には四阿と枯山水の日本式小庭園があります。詳細はこちらをご覧ください。

千葉県立中央博物館

中央博物館

千葉県の自然と人間をテーマにした「千葉の立体百科図鑑」ともいえる施設です。常設展示では房総半島の自然と歴史のおもしろさを楽しんでいただけます。

県立中央博物館HPへ

生態園・舟田池

生態園

野外の博物館「生態園」では房総半島の森林や草地の姿を観察できるように群落を再現しています。園内の舟田池には多くの野鳥が飛来し、併設の野鳥観察舎からその様子をご覧いただけます。

県立中央博物館HPへ

芸術文化ホール

芸術文化ホール

広く県民の参加による優れた芸術文化の普及・創造・発表及び鑑賞等の場として設置されたものです。能の鑑賞を始め、コンサート、シンポジウム、ピアノ発表会等幅広く利用されています。

青葉の森芸術文化ホールHPへ

柏の葉公園青葉の森公園北総花の丘公園長生の森公園館山運動公園富津公園岩名運動公園
総合スポーツセンター東総運動場千葉市都市緑化植物園千葉県スポーツ情報センター

サイトマップこのサイトについてプライバシーポリシーリンクについて

【運営】一般財団法人千葉県まちづくり公社
Copyright © 2000-2016 Corporation for Urban Enhancement of Chiba Prefecture Allrights Reserved