基本情報

所在地:千葉市中央区星久喜町278
面積 :3.4ヘクタール

お問合わせ

一般財団法人
千葉県まちづくり公社
千葉市都市緑化植物園管理事務所
〒260-0808
千葉市中央区星久喜町278
電話:043-264-9559
FAX:043-265-6088

令和元年11月の植物園ダイアリー

令和元年11月24日頃の植物園

切株

久々のご案内となりました。
植物園は秋の楽しみの展示会シーズンを終えたところです。
ボランティアの皆さんが1年かけ育てた盆栽、バラ、菊。美しい自然の姿を切り取った写真、
心地よい香りの中でのハーブクラフト体験などお楽しみいただけましたでしょうか。
ご来場ありがとうございました。

さて、植物園の植物たちは朝夕の寒さ、日中の温かさを繰り返し、
だんだんと気温が下がり、 木々が色づき始めました。
植物園は台風被害の片付けがほぼ終了し、通常の園の状態になっております。
(いろいろとご迷惑をおかけしました。
 台風被害にあわれた方々には心からお見舞いを申し上げます。)

とはいえ、台風15号では多くの木々が倒木し、景気がずいぶん変わりました。
毎年その面白い咲き方やバナナのような実でわくわくさせてくれていた「カンレンボク」、
真っ赤な新葉で春に彩りをそえてくれていた「チャンチン」、
花木見本園に堂々と立っていた「ヒマラヤスギ」などなど。とても残念です。

この写真はそのヒマラヤスギの切株です。年輪を数えると…40~50年くらいでしょうか。
こんな微笑みで長い間植物園を見守ってくれていたのでしょうか…。
(頭:ムクノキの葉 目:ムクノキの実、鼻・眉毛など:ヒマラヤスギの雄花)

紅葉 紅葉
みどりの相談所前のイロハモミジ 滝の流れの付近の様子
紅葉景色 紅葉景色
湿生植物園の様子 池の付近の様子
紅葉景色 紅葉景色
トチノキ並木のイロハモミジ
トチノキ並木のイロハモミジ
ハシバミ葉 ハマボウ
ハシバミの色づき 
茶色は茶色なのですが、鮮やかです。
ハマボウ
カラフルに色づきます
カマツカ紅葉 ハゼノキ葉
カマツカの紅葉 きれいな色あい
写真では伝わりづらいでしょうか…
ハゼノキの落葉が水面に浮かんでいます
ナンテン センリョウ
「難を転じる」ナンテンの実
センリョウの実  千両・万両、有り通し!
植物園には万両・百両・十両・一両もあります。
(実はなっていないものもあります)
ビナンカズラ タラヨウ
ビナンカズラの実
タラヨウの実も赤く色づいてきました
タンキリマメ ビワ
タンキリマメの実
ビワの花はこの時期です
ツバキ イソギク
ツバキの花も咲き始めています
イソギク
バラ バラ
バラもまだまだ咲きます
雨にぬれた姿も美しいです
センボンヤリ センボンヤリ
センボンヤリも花ざかりです!
秋に咲かせる閉鎖花がたくさん!
春には白い花を咲かせます。
綿毛のついた種が飛び立ったあとの姿です。
アスクレピアス ルッティア・フルティコサ
アスクレピアス(トウワタ) ルッティア・フルティコサ 温室で見られます

令和元年11月2日の植物園

バラ展

本日より『菊花展』が始まりました。(野外特設会場にて)

菊づくり市民の会のみなさまが精魂こめて作った菊。今年は大きな台風、大雨・・と幾多困難もありながら
今日を迎えることができました。是非、多くの方にご鑑賞いただきたいと思います。
会場では鉢花、切り花の販売もしています。

■菊花展は、本日11月2日(土)~11月17日(日)まで。10時~16時開催。
  (11/5、11/11は休園日のためお休みさせていただきます)

■同時にみどりの相談所ではハーブを楽しむミニイベント(明日まで)と花の写真展(11月4日まで)開催中です。

バラ バラ
朝から多くのお客様がご来場下さっています
豪華な菊は秋を満喫させてくれますね
バラ バラ
バラ バラ
とっても おしゃれな懸崖です

バラ バラ
本日、明日の2日間、ホールにて
千葉ハーブソサエティさんによるハーブイベン
トを開催しています。
写真は体験教室の様子です。
素敵な藍染め作品展示

バラ バラ
会場いっぱいにハーブの香りが漂います。
※写真は体験教室作品

体験教室に親子で参加のお客様
下は秋の野草園の姿
バラ バラ
秋を迎え一層渋い野草園看板
ヤクシソウの花盛りです

バラ バラ
ヨウシュヤマゴボウ
上品なセキヤノアキチョウジ
葉が紅葉しかかってとても美しい紫です
バラ バラ
ヤマラッキョウ
リンドウ

バラ バラ
トネアザミ
好天に恵まれ光り輝いています
たくさんのミツバチが
トネアザミの花に集まっていました。

バラ バラ
園芸実習園のツワブキ おまけ。。季節外れのアジサイの花。。
秋の植物園へ是非お越しください。