基本情報

所在地:千葉市中央区星久喜町278
面積 :3.4ヘクタール

お問合わせ

一般財団法人
千葉県まちづくり公社
千葉市都市緑化植物園管理事務所
〒260-0808
千葉市中央区星久喜町278
電話:043-264-9559
FAX:043-265-6088

令和2年9月13日の植物園

メジロ

ん???ヤマボウシが ガサゴソッガサゴソッと揺れています。
揺らしているのはメジロです。しかも沢山いるいる!!
集まって何をしているのかな??

※園では一層の感染症予防に努めて参ります。
引き続き
ご体調へのご留意、マスクの装着等をよろしくお願いいたします。

ジニア ブルーサルビア
花壇のジニア (バラアーチ横花壇) ブルーサルビア (バラアーチ横花壇)
ブットレア センニチコウ
ブットレア (バラアーチ横花壇)
センニチコウ (バラアーチ横花壇)
クレオメ ジニア
クレオメ (バラアーチ横花壇)
ジニア八重咲き (バラアーチ横花壇)
セセリチョウ トウガラシ
セセリチョウ (ハーブ園) トウガラシ (観賞用) (ハーブ園)
チェリーセージ チェリーセージ
ハーブ園  チェリーセージ 白(ハーブ園)
チェリーセージ 赤 (ハーブ園)
チェリーセージ メドーセージ
チェリーセージ 紫 (ハーブ園)
メドーセージ (バラアーチ横花壇)
ロシアンセージ ノウゼンカズラ
ロシアンセージ (ハーブ園)
以上、セージシリーズでした!
ノウゼンカズラ (ハーブ園そば)
夏のシンボルツリー的な存在です。
ゲンノショコ ワレモコウ
ゲンノショウコ  (ハーブ園)
ワレモコウ  (生垣見本園)
晩夏を思わせる花です。秋近し。
トチの実 トチグリ
トチノキ並木にはたくさんのトチの果実が
落ちて転がっています。
殻の中の実 ‘トチグリ’です。
灰汁を抜くと食せます。
イヌビワ カリガネソウ
黒く熟したイヌビワの実のひとつひとつから
しずくが垂れて光っている神秘的光景
カリガネソウ(野草線) 
まだ見られます
タマアジサイ タマアジサイ蕾
タマアジサイ
蕾はまーるい玉のようです
ヤブミョウガ キチョウ
ヤブミョウガ(杉林)
半分以上実になって群生しています
野趣が感じられるエリアです。
キツネノマゴにとまるキチョウ
野草園の近くでは、美しいアオスジアゲハも
見かけました
オミナエシ ヨウシュヤマゴボウ
オミナエシ (野草園) 秋の七草ですね
ヨウシュヤマゴボウ (野草園)
熟した実と青い実が混ざって綺麗です
ガガブタ バラ
ガガブタ (水草コーナ―)
水草の繊細さを是非観察してください
本日とても美しっかったバラのショット
サルトリイバラ ヤマボウシとメジロ
とても元気なサルトリイバラ (湿性地) 冒頭ご紹介のメジロたちはヤマボウシの実を
食べに来ていたのです。


令和2年8月23日の植物園

雨の池

本日待望の雨が降りました。
水・水・水・・・なんと有難いことでしょうか。
暑さも尋常でなく幾日と日照りが続いており、このままでは草木が枯れてしまうのでは・・・
という心配でいっぱいでしたが・・今日の雨で助かりました。
天からの恵み。こころなしか池の鯉も嬉しそうに見えます。


※園では一層の感染症予防に努めて参ります。
引き続き
ご体調へのご留意、マスクの装着等をよろしくお願いいたします。

カワセミ カワセミ
池のほとりの枝にカワセミがいました。
じーっと何か狙っているようです。
ダイブの後、対岸の石に飛び移りました。
獲物は・・撮れなかったようです。。(残念)
オミナエシ ユウガギク
オミナエシ(野草園)
‘秋山をわが越えくれば 朝露に
 濡れつつ立てり女郎花(オミナエシ)のはな’
  ・・とは良寛さんの素敵なうたです。
ユウガギク(野草園)
優雅菊・・・ではなく 「柚香菊」と書きます。
一説に、柚(ユズ)に似た香りのする菊という
名の由来があるそうです。
ツリガネニンジン カリガネソウ
ツリガネニンジン(野草園)
シャンデリアのような姿、薬用植物です。
カリガネソウ(野草園)
鳥の雁の姿に見立てた名前です。確かに
首を伸ばした優雅なガンの姿に見えてきます。
ヤブミョウガ コマツナギ
ヤブミョウガ (野草園奥の杉林)
美しい瑠璃色の実と花が混ざり、
雨に濡れる姿は非常に美しいものでした。
コマツナギ(野草園)
漢字では 「駒繋ぎ」と書きます。
馬(駒)を繋いでおけるくらい幹が丈夫とか・・・
ヤブラン ノシラン
ヤブラン
園内のいろいろな場所で見られます。
やはり樹木の下の少し日陰で見る姿が映え
一番目をひきます。その植物にとっていい場所
が最もきれい、ということでしょう。
ノシラン(野草園)
熟した実はとても美しい青色をしています。
漢字では‘熨斗蘭’と書きます。
平らな葉が熨斗(のし紙)のようだから・・とのこと
蘭の仲間ではありません。
スズムシバナ イヌビワ
スズムシバナ(野草園)
鈴虫が鳴くころに咲くのでこの名がつきました。

イヌビワの美しい実 (野草園)
黒く熟した実はイチジクのような味がして
とても美味だそうです。
サンタンカ チャイニーズハット
サンタンカ (温室)

チャイニーズハット (温室)

アメリカンブルー コンロンカ
アメリカンブルー & セセリ (温室)

コンロンカ (温室)

スパティフィラム エスキナンサス・ラディカンス
スパティフィラム (温室)

エスキナンサス・ラディカンス (温室)

ゲンペイカズラ ブーゲンビリア
ゲンペイカズラ (温室)

ブーゲンビリア (温室)


 令和2年8月15日の植物園

わくわくコーナー

 新型コロナの影響で夏休みが短くなって子供たちが気の毒になります。
しかも今年の夏の暑さは猛烈でマスクもつけなくてはならないなんて・・。
お家でじっとしているのも健康に悪いです。
是非、ここ千葉市都市緑化植物園にいらしてください。

令和2年8月8日(土)から8月23日(日)まで「夏休みわくわくコーナー」を開催しています。
ホールでは昆虫の標本や生きた蝶を展示しています。
8月8日(土)には、「夏休み!たのしい昆虫教室」が開かれ大盛況でした。
子どもたちの楽しい夏の思い出になるとうれしいです。
また、3つの体験教室(「ひまわりの種でハリネズミを作ろう」「押し葉・押し花でつくるハガキ絵」
「竹の風車作り」)もあります。
事前の電話申し込み(043-264-9559まで・先着順・定員になり次第締め切り)です。
ただいまの時点で若干の空きがある教室もあります。
皆さんお誘いあわせてのご参加お待ちしています!
(なお、当日の空きがあれば、飛び入り参加も大丈夫です。)


※園では一層の感染症予防に努めて参ります。
引き続き
ご体調へのご留意、マスクの装着等をよろしくお願いいたします。

標本 サナギ
たくさんのチョウやカブトムシなどの
昆虫標本展示コーナー。
こちらはいろいろなチョウのサナギです。
もうすぐチョウになります。
昆虫教室1 甲虫教室2
「夏休み!たのしい昆虫教室」毎年人気です。
生きたチョウに触れて子どもたちは大喜び。
昆虫教室3 体験教室
チョウは女の子が気に入ったのか手にとまっ
てなかなか飛んでいきません。
体験教室の募集をしています。
是非、参加して楽しんで行ってください。
ハリネズミ1 ハリネズミ2
「押し葉・押し花でつくるハガキ絵」では
皆さん素敵な作品を作っていました。
楽しい思い出をおうちに飾ってくださいね。

風車2 かざ1
「竹の風車作り」の作品。ちょっとの風でも
クルクルよく回ります。

お母さんの作品で嬉しそうに遊ぶ女の子が
可愛いです。


 過去の植物園の様子

令和2年7月
令和2年6月
令和2年5月
令和2年4月
令和2年3月
令和2年2月
令和2年1月
令和元年12月
令和元年11月
令和元年10月
令和元年9月
令和元年8月
令和元年7月
令和元年6月
令和元年5月
平成31年4月
平成31年3月
平成31年2月
平成31年1月
平成30年12月
平成30年11月
平成30年10月
平成30年9月
平成30年8月
平成30年7月
平成30年6月
平成30年5月
平成30年4月
平成30年3月
平成30年2月
平成30年1月
平成29年12月
平成29年11月
平成29年10月
平成29年9月
平成29年8月
平成29年7月

平成29年6月
平成29年5月
平成29年4月
平成29年3月
平成29年2月
平成29年1月
平成28年12月
平成28年11月
平成28年10月
平成28年9月
平成28年8月
平成28年7月