基本情報

所在地:千葉市中央区星久喜町278
面積 :3.4ヘクタール

お問合わせ

一般財団法人
千葉県まちづくり公社
千葉市都市緑化植物園管理事務所
〒260-0808
千葉市中央区星久喜町278
電話:043-264-9559
FAX:043-265-6088



令和3年2月の植物園ダイアリー

令和3年2月28日の植物園

マンサク
↑ マンサク (花木見本園)

よいお天気に恵まれた日曜日とあって多くのお客様がいらっしゃいました。
遠くからでも樹木全体が黄金色に輝いて見えるように、本日一番印象的だったのは上の写真のマンサクでした。
あれ??マンサクはもっと早く咲いたものとばかり思っていましたが・・。
マンサクの開花期は2月~3月。とありますので、それぞれ木によって違うのですね。

先日ご紹介したシナマンサクや赤いマンサク(ルビーグロウ)の花が終わってきて、そして
上のマンサク花開・・というように春の花木見本園は次々と花盛りが続いています。
紅色の梅もまだ見ごろです。
池の脇のカワヅザクラは可愛らしいピンクの花に若々しい緑の葉が加わってきました。
そのほか、サンシュユ、トサミズキ・・春の花木がいっぱいの植物園です。

※園では一層の感染症予防に努めて参ります。
引き続き
ご体調へのご留意、マスクの装着等をよろしくお願いいたします。

マンサク マンサク
マンサク(花木見本園)
ウグイスカグラ ボケ
ウグイスカグラ (野草園) ボケ (催し広場階段脇)
サンシュユ サンシュユ
サンシュユ  (花木見本園) サンシュユの花
カワヅザクラ ウメ
カワヅザクラ (池の脇)
葉桜です
ウメ (野草園)
トサミズキ トサミズキ
トサミズキの花 (花木見本園)
鈴をつけたようなトサミズキの姿
園内各所で見られます
イヌシデ ヒイラギナンテン
イヌシデの芽 (園芸実習園)
精巧な幾何学的な模様になっていました!
ヒイラギナンテン (滝への降り口)
シュンラン ユキワリイチゲ
シュンラン (野草園)
山野で見られるこのシュンラン、なんと
シンビジュームの仲間なのです
ユキワリイチゲ (野草園)も開いてきました
フクジュソウ フクジュソウ
スイセン (園芸実習園)
ホトケノザ (いろいろな場所でみられます)
ムスカリ ハト
ムスカリ (園芸実習園)も咲きだしました
羽の柄がとても素敵でなハトでした
よく見れば鳥にも個性がありますね
ツグミ ツグミ
幼な顔のツグミに会いました  ツグミ。暖かくなるとお別れの渡り鳥です。

令和3年2月21日の植物園

ロウバイ
↑「日本三大桜と千葉の桜」展  上の写真は有名な三春の滝桜

ホールでは桜の写真展を開催しています。 2/16(火)~3/14(日)
古木の雄々しい幹の姿、咲かせる花の絢爛さを 是非ご鑑賞いただきたいと思います。

※園では一層の感染症予防に努めて参ります。
引き続き
ご体調へのご留意、マスクの装着等をよろしくお願いいたします。

ロウバイ ロウバイ
写真には撮影者の短歌も添えられ
見ごたえのある写真展となっております

ヒョウタングミ カワヅザクラ


ジョウビタキ ヤマガラ
ホールでは雛飾りもご覧いただけます。
ひな人形とともに皆様からお寄せただいた
川柳・短歌を掲示しています
こちらもお雛様。なんと石でできています。 
センツブンソウ セツブンソウ
石なのに何とも優しいひな人形です みどりの相談所ホールでお待ちしています


令和3年2月20日の植物園

ロウバイ
↑ カワヅザクラ (南門前 ハーブ園そば)

カワヅザクラが開花しました。花弁の色合いがか可愛らしく花も大きいのが特徴です。
この花が咲きだすと園はグッと華やぎ、賑わい始めます。

枝がざわついています。。見ると数羽のメジロが訪れていました。
下の写真は、あらゆる格好で蜜を求める無我夢中のメジロの様子です。
ヒヨドリが近づくとサッと逃げますがヒヨドリが去ると、電光石火の速さで戻りまた夢中。
カワヅザクラに目がないメジロでした。

※園では一層の感染症予防に努めて参ります。
引き続き
ご体調へのご留意、マスクの装着等をよろしくお願いいたします。

ロウバイ ロウバイ
カワヅザクラとメジロ 逆さ吊りでアクロバティックなメジロ
ヒョウタングミ カワヅザクラ
シナマンサクマンサク・ウメ・マンサク 花木見本園 春の彩です
ジョウビタキ ヤマガラ
アセビの花が鈴なりです(花木見本園) ボケ(野草園手前の園路沿い) 一輪開花 
センツブンソウ セツブンソウ
ウグイスカグラ 小さく素朴な山の花です ウメ(日本庭園)
セリバオウレン セリバオウレン
野草園のフクジュソウも開花です フクジュソウ(野草園)
フクジュソウはみどりの相談所前でも
ご覧いただけます
ツバキ ツバキ
セリバオウレン(野草園) 開花中 ユキワリイチゲは開花まであと少し
フクジュソウ フクジュソウ
ナニワズ(野草園) 鳥たちは皆何かを求めている…。。
アカハラ フクジュソウ
ツグミは虫を捕らえましたよ! ご満悦。
ロウバイ ロウバイ
ツバキ 深紅の色が目に飛び込みました いつも仲のいい癒し系カルガモです(池)
ヒョウタングミ カワヅザクラ
クロッカス(バラアーチ横花壇) クリスマスローズ(バラアーチ横花壇)
ジョウビタキ ヤマガラ
スイセン (園芸実習園) 様々なシンビジュームが見られます(温室)
センツブンソウ セツブンソウ
シンビジューム(温室) シンビジューム(温室)
セリバオウレン セリバオウレン
オンジューム(温室) キンギョツバキ(園芸実習園)
葉の形にご注目ください




令和3年2月7日の植物園

ロウバイ
↑ ロウバイ (花木見本園)

立春も過ぎ、めきめきと春がすすんでいます。風もなくぽかぽか陽気の本日です。
どこを歩いてもどこからともなくシジュウカラのさえずりが聞こえてきます。

上の写真は今まさに爛漫の輝きを放つ ロウバイ(蝋梅) です。
前回トップ掲載のソシンロウバイと見比べてみてください。
(花木見本園のロウバイとソシンロウバイは並んで植栽されていますので是非)
どちらも蝋細工のような花ですが、中心部分が赤いのがロウバイです。
今のように花が全開となると区別がつきやすいですね。

今日、驚いたのが、フクジュソウの開花です。名も姿も福々しい!
ほんものの春がやってきた感で気持ちが盛り上がります。

そして、野草園では、美しいセツブンソウ、セリバオウレンの開花が見られ
感動いっぱいの植物園となっております。

池の脇のカワヅザクラも開花が始まりました。

写真を撮っておりますと、どの花も透き通ってきれいでした。
春早い花の特色でしょうか。


※園では一層の感染症予防に努めて参ります。
引き続き
ご体調へのご留意、マスクの装着等をよろしくお願いいたします。

td>
ロウバイ ロウバイ
ロウバイ (花木見本園) ロウバイ
シナマンサク マンサクルビーグロウ
シナマンサク (湿性植物園) マンサク ルビーグロウ (花木見本園)
ヒョウタングミ カワヅザクラ
ヒョウタングミ  (南門前) カワヅザクラ  (池の脇)
ジョウビタキ ヤマガラ
ジョウビタキに遭遇!! メスです 
ヤマガラ
センツブンソウ セツブンソウ
セツブンソウ (野草園)
野草の可憐さ 白く透き通る美しい姿
セツブンソウ
セリバオウレン セリバオウレン
セリバオウレン (野草園) セリバオウレン
花の形状が巧緻で見飽きません
ツバキ ツバキ
ツバキの花 様々な形状の花があります
こちらもツバキの花
フクジュソウ フクジュソウ
フクジュソウ (みどりの相談所前)
ご覧になるのは午後がおすすめです
アカハラ フクジュソウ
アカハラ 最近の常連さんです メジロです 最近のほぼ常連さんです

過去の植物園の様子

令和3年1月
令和2年12月
令和2年11月
令和2年10月
令和2年9月
令和2年8月
令和2年7月
令和2年6月
令和2年5月
令和2年4月
令和2年3月
令和2年2月
令和2年1月
令和元年12月
令和元年11月
令和元年10月
令和元年9月
令和元年8月
令和元年7月
令和元年6月
令和元年5月
平成31年4月
平成31年3月
平成31年2月
平成31年1月
平成30年12月
平成30年11月
平成30年10月
平成30年9月
平成30年8月
平成30年7月
平成30年6月
平成30年5月
平成30年4月
平成30年3月
平成30年2月
平成30年1月
平成29年12月
平成29年11月
平成29年10月
平成29年9月
平成29年8月
平成29年7月

平成29年6月
平成29年5月
平成29年4月
平成29年3月
平成29年2月
平成29年1月
平成28年12月
平成28年11月
平成28年10月
平成28年9月
平成28年8月
平成28年7月