基本情報

所在地:千葉市中央区星久喜町278
面積 :3.4ヘクタール

お問合わせ

一般財団法人
千葉県まちづくり公社
千葉市都市緑化植物園管理事務所
〒260-0808
千葉市中央区星久喜町278
電話:043-264-9559
FAX:043-265-6088

令和元年9月の植物園ダイアリー


令和元年9月26日の植物園

マンジュシャゲ
上は前回掲載(9/22)と同じ場所(池のそば)の風景です。
シロバナマンジュシャゲに一足遅れて真っ赤なマンジュシャゲ(ヒガンバナ)が咲きました。
咲き初めで花の形よく、そして紅白揃って撮れるとあってカメラマンさんも熱心に撮影されていました。

ヒガンバナというと田舎の里山の畦道で咲いていた記憶、お墓参りで咲いていた記憶・・
何か記憶を呼び起こす花ではないでしょうか。

9月中旬ごろ突然茎が伸びてきて何ともゴージャスな花を咲かせ、数日で終わってしまいます。
その後葉が伸びてきて春には姿は一切見えなくなり、また秋、一斉に茎をのばして花を咲かせます。

花言葉は  「情熱」  「独立」  「再会」  「あきらめ」  「転生」。
「悲しい思い出」  「想うはあなた一人」  「また会う日を楽しみに」 。  (なるほど・・・です)


※台風以降立入禁止とさせていただいていたエリアは徐々にお歩きいただけるようになっておりますが
 
立入禁止の区画へのお立入は危険ですのでいましばらくお待ち願います。

マンジュシャゲ マンジュシャゲ

 
マンジュシャゲ マンジュシャゲ


マンジュシャゲ カリガネソウショウキズイセン
 こちら野草園 シロバナマンジュシャゲ
シロバナマンジュシャゲ・ショウキズイセン
カリガネソウが同時に見られます
イヌショウマ アベリア
 イヌショウマが咲きだしました
 通りの植栽 かわいいアベリアの花です



令和元年9月22日の植物園

シロバナマンジュシャゲ
 
9月9日の台風15号では県内多くの場所で甚大な被害がありました。
まだ復旧に至っていない地区もありご苦労はいかばかりかと思いやみません。
当千葉市都市緑化植物園でも、倒木・枝折れといった被害があちこちにありました。
園路復旧のためしばらくの間、植栽エリアへの立入を禁止とさせていただいており
みなさまにご不便をおかけしておりましたが
ようやく、部分的に植栽エリアを開放しご覧いただけるようになりました。

(まだ一部、立入禁止のエリアがございますが、トップページのお知らせよりご確認ください)


暑さ寒さも彼岸まで。といいますが、そよぐ風はもう秋。

お彼岸に合わせ 白花曼殊沙華(シロバナマンジュシャゲ)が見ごろを迎えています。
赤いマンジュシャゲ(彼岸花)も花芽を長~く伸ばし蕾をつけはじめましたので開花はもうすぐです。

シロバナマンジュシャゲ シロバナマンジュシャゲ
シロバナマンジュシャゲ(池のほとり)
 野草園のシロバナマンジュシャゲ
野草園 ショウキズイセン
野草園  
覧いただけるようになりました。
ショウキズイセン
ヒガンバナと同じリコリスの仲間です
タマアジサイ オケラ
 タマアジサイ
オケラ
ゲンノショウコ ゲンノショウコ
 ゲンノショウコ トチノキ並木池側の斜面
にいくつも咲いているのが見られます。
 フウロソウ?!・・・
こちらもゲンノショウコ でした。
ヤブミョウガ ヤブラン
 ヤブミョウガ  宝石のような瑠璃色の実
 ヤブラン  翡翠玉のような実です
カリガネソウ 草と虫
カリガネソウ
沢山花を咲かせています
 葉の上で休憩中?のカマキリ
斑入りミズヒキ 台湾ホトトギス
 ミズヒキ(野草園)
写真のものは葉に斑が入っています
 タイワンホトトギス
池のほとりに群生しています

温室多肉  温室にもお立ち寄りください。
 (写真は多肉植物のコーナーです)

 
 
 台風以来少し寂しい植物園でしたが
 本日は連休とあってご家族連れの方も多く
 久しぶりに植物園らしさが戻ってきました。