基本情報

所在地:千葉市中央区星久喜町278
面積 :3.4ヘクタール

お問合わせ

一般財団法人
千葉県まちづくり公社
千葉市都市緑化植物園管理事務所
〒260-0808
千葉市中央区星久喜町278
電話:043-264-9559
FAX:043-265-6088

平成30年4月の植物園の見どころ

平成30年4月29日頃の植物園の様子

ハクウンボクの落ちた花

野草園の小道はハクウンボクの小花で白く染まっていました。
花盛りの園内。こんな素敵な風景もご覧いただけます。

※4/29に見ごろの植物(写真以外)
ガマズミ、ピラカンサ、クロバナロウバイ、カルミア、シャクヤク、ホオノキ、コデマリ、
マムシグサ、スズラン、キャットミント、ホワイトキャンピオン(シレネ)、
ラベンダー・ストエカス種、ジャーマンアイリス、サジオモダカ、コウホネなど

ハクウンボク イチハツ
野草園のハクウンボク。鈴なりに咲いて
います。満開から満開超です。
野草園のイチハツ
カキツバタ アブラツツジ
湿生植物園ではアヤメとカキツバタの花が
水辺の風景を彩ります。
湿生植物園のアブラツツジ
トチノキ トチノキ
トチノキ 今年は花付きが特によいですよ!
お見逃しなく!
生垣見本園側から見ると目の高さで
ご覧いただけます。
ユリノキ カンボク
ユリノキ 花の形からチューリップツリー
ともいわれます。
 湿生植物園のカンボク(肝木)
ウグイスカグラの実 ウケザキオオヤマレンゲ
ウグイスカグラには早くも赤い実が。 ウケザキオオヤマレンゲ 
美しい花にカメラマンの皆様からも好評です。
トウオガタマ トウオガタマ ポートワイン
カラタネオガタマ(トウオガタマ)周辺には
バナナのような甘い香りが漂っています。
園芸品種のカラタネオガタマ’ポートワイン’の
花は赤い花。香りは同じくバナナのようです。
ミツデカエデの雄花 ミズキ
終わりかけのミツデカエデの花。黄色い色が
鮮やかでした。これは雄木(雄花)です。
 ミズキ(水木)も咲きそろっています。
サワフタギ オオデマリ
サワフタギも終わりかけです。
今年はよく咲きました。
 オオデマリ。園芸種。
 球形の花を咲かせます。
アカバナヤエサンザシ アカバナヤエサンザシ
アカバナヤエサンザシも今年は良く
咲きました。

サンザシ バラ
サンザシ バラも開花が始まっています。
今年は上旬から見ごろを迎えそうです。
フタリシズカ ヒツジグサ
フタリシズカ(二人静) ヒツジグサ 
水草コーナーではコウホネも咲き出しました。
アルカネット キウイフルーツ
ハーブ園ではアルカネット、コモンセージ、
ポリジ、チェリーセージ、カモミールなど
開花中。
キウイフルーツ。雌花が咲いています。
園内には接ぎ木をし、1本で実がなるよう
昨年接ぎ木をしました。
シラン アワフキムシ
植物園の入口にさくシラン   




       
この季節、枝についた泡を多数発見しませんか?
これはセミやカメムシの仲間のアワフキムシだそう。
幼虫がフンと樹液を混ぜて泡立て、この中で
暮らし、外気の変化から身を守っているそうです。
この原理を利用した入浴法の研究がされているそうです!

平成30年4月24日の植物園の様子

nannjamonnjanoki

この季節人気のヒトツバタゴ(通称ナンジャモンジャ)がいっせいに花を咲かせています。
潅木見本園に植栽されていて、枝いっぱいの真っ白い花が遠くからでも目を引きます。
(4/27現在 散り始めています。今年は開花がとても早いです。)
他にも涼しげな白い花をお楽しみ下さい。

naniwaibara nanaiwaibaranokakine
ナニワイバラが満開です。 バラの庭園から池の方向に垣根になっています。
hakuunnboku カナメモチ
ハクウンボクは第2野草園付近に
3本あります。見上げると満開です。
 カナメモチは花は白
ピラカンサス セキナセア
秋に赤い実のなるピラカンサ。花は白色。
現在つぼみがたくさんついています。
 ハーブ園のホワイトキャンピオン。
ウマノスズクサ サジオモダカ
オオオバウマノスズクサはみどりの相談所に
向かって右の奥に2株あります。
 サジオモダカはみどりの相談所に向かって
 左側の水草コーナーに咲いています。
シャクヤク えをかくかい
真っ白い芍薬が一番のりに開花しました。  中学校に写生会で来園いただきました。
 思い思いの場所ですてきな絵を描いて下さいね。

平成30年4月13日頃の植物園の様子

オオチョウジガマズミ

オオチョウジガマズミが大きな塊で重たそうに花を咲かせています。
前回掲載したときは、まだつぼみでしたが、今まさに満開です。
花木見本園に3本植栽されていて、淡い甘い香りがします。

今年は特に春が早く進んでいっています。例年下旬に見ごろを迎える花がもう咲いています。
春はどんどん進みます。ぜひいろいろな花をご覧に植物園へお越しください。

※4月13日頃の見どころ(掲載写真植物以外)
ドウダンツツジ、カロライナジャスミン、ミツバウツギ、ハナズオウ、ツバキ各種、コマユミ
ツリバナ、シャガ、ニリンソウ、チョウジソウ、コバノタツナミ、シャガ、ニリンソウ、
キランソウ、ホウチャクソウ、コバノタツナミ、シャガ、ニリンソウ など

ハナミズキ カンヒザクラ
オオチョウジガマズミやハナミズキの競演
花木見本園は花盛りです。
 サトザクラも満開。灌木見本園と
 生垣見本園などにあります。
ボタン とこわまんさくべにときわまんさく
ボタンの花は今が旬です。お早めに。
すぐとなりで芍薬が開花を待っています。
交互に植えられたベニバナトキワマンサクと
白花のトキワマンサクの垣根。
ヤマブキ ヤマブキソウ
ヤマブキがゆらゆら風に揺られています。  こちらは山野草のヤマブキソウです。
バイモ ムサシアブミ
バイモ(野草園) 
もうそろそろ花も終わりです
 ムサシアブミ(野草園)
ラショウモンカズラ ヒトリシズカ
ラショウモンカズラ(野草園)
野草園はみどりの協力隊リーブスの野草園
グループのみなさんが管理や名札付けを行っ
ています。
ヒトリシズカ(野草園)
それぞれたくさんはないのですが、
山にいかなくても季節の野草が見られると、
人気のスポットです。
ホタルカズラ ウマノスズクサ
ホタルカズラ オオバウマノスズクサ
ヒョウタンボク ムベ
ヒョウタンボク 金銀木ともいいます。 ムベ 花木見本園
コウゾ カジノキ
コウゾの花 カジノキの花 
地味ですが、、、彼らも花を咲かせています。
ヤマツツジ 入口のヤマツツジ
ヤマツツジ
野草園ほかで咲いています。
植物園の入口ではヤマツツジの朱色が
目立っています。
ハンカチノキ ハンカチノキ
ハンカチノキ 
今年はもう白い苞がみえています。
間近でご覧いただけます。
池のまわり2本、そのほか小さめの木1本に
たくさん花をつけています。
いつもより多いかもしれません。
ゴマギ イヌザクラ
ゴマギ  イヌザクラ 
ウワミズザクラよりも地味ですがきれいですよ。
クルメツツジ ユキヤナギの花後
クルメツツジが目を引きます。
奥はハンカチノキです。
ユキヤナギの花後。
実もかわいらしい形をしています。
セリバオウレン セリバオウレン
セリバオウレンの花後の姿。
見どころは花だけではないのです。
横から見たセリバオウレンの花後の姿。
自然の造形美です。本物を見てみてください。
シラン スズラン
池の脇ではシランが咲き出しました。 スズラン(野草園)

平成30年4月1日頃の植物園の様子

サクラ

天を見上げてみました。花木見本園のシダレザクラ、
イヌザクラ(葉っぱがでています。開花はこれからです)です。
ピンク色、黄緑色、空色の春らしい組み合わせです。

植物園ではいろいろな春の花が咲いています。
ソメイヨシノのお花見もよいですが、いろいろな春の植物の花見もお楽しみいただきたいです。
植物園は3.4ヘクタール、全部まわっても1時間程度で回れるスペースで
いろいろな春を感じていただけます。
山がお好きでもなかなかいけない方にも、少しですが、間近で野の花や木を楽しんで頂けます。

植物園はあっという間に春がすすんでいき、次々にいろいろな花が咲いてはおわり、
葉っぱを茂らせていきます。毎日異なる風景が楽しめますので、ぜひこまめにお越しください。

特に今年は春が早く、昨年よりもいろいろな花の開花が早いです。お見逃しなく!

4/1頃見ごろの花(写真以外)
キブシ、ウグイスカグラ、シキミ、ヒョウタングミ、ミヤマウグイスカグラ、サトザクラ類
サラサレンゲ(モクレン)、シモクレン、ニシキモクレン、ハルニレの新芽、
キランソウ、シャガ、スノーフレーク、ムラサキケマン、バイモなど

サトザクラ 太白 バイカシモツケ
サトザクラ 太白(たいはく)
白い大輪の花です。もう咲き始めました。
バイカシモツケ 野草園にて
イタヤカエデ ベニバナトキワマンサク
イタヤカエデ 黄色い花が咲きます。
もうそろそろおしまいです。
ベニバナトキワマンサク 
白花のトキワマンサクも咲き始めています。
クロモジ つばき展示
クロモジ 
野山で黄色く咲き春を感じさせてくれる
植物です。園には1本しかないのですが、
美しく開花中。まもなく終わりです。
植物園にあるツバキを切花で展示しました。
展示数で50種以上あります。いろいろな
咲き方をお楽しみください。
平成30年3月の様子へ
アケビ ミツバアケビ
アケビ 雌花と雄花の形が異なります。
紫色で大きめのものが雌花、
白と紫の組み合わせが雄花です。
こちらはミツバアケビです。
アケビよりも濃い紫の花をつけます。 
生垣見本園にあります。
アケビ ニリンソウ
エノキにからんで生育中のアケビ。垂れ下
がる姿はアケビの花のシャワーのよう!
ニリンソウ 
池の脇で咲いています。
タチツボスミレ イカリソウ
タチツボスミレもあちらこちらで
ご覧いただけます。
イカリソウ(洋種) 日本に自生するイカリ
ソウは野草園でご覧になれます。
リュウキンカ ミズバショウ
リュウキンカ 湿性植物園にて ミズバショウ 湿性植物園にて
ミツガシワ 池の様子
ミツガシワ               

相談所前の水草コーナーにて 
水草も次々に葉をだしはじめています。
池の様子 わかりづらいと思いますが、
おそらくカップルであろうカルガモを見かけます。
昨年はかわいい赤ちゃんを見ることが
できたので…今年も期待しています。
いきもの情報のページへ
ミツバウツギ オオチョウジガマズミ つぼみ
ミツバウツギのつぼみ 花の咲く前の姿も
かわいらしいものです。
オオチョウジガマズミのつぼみ 
こちらも美しい!
サンシュユ新芽 ヤマナラシ、イヌシデ
サンシュユの花後の姿。         
新葉が耳のようでしたので思わず…    

植物は花の時期でなくとも美しい姿で
私たちを楽しませてくれます。
ギョ!いもむしがいっぱい!
右はヤマナラシの雄花序。左はイヌシデの
雄花序です。園芸実習園で隣り合わせて
いるので、この付近は「いもむしロード」に
なっています。ちなみにヤマナラシの雌木に
今年は花が咲きました。