基本情報

所在地:千葉市中央区星久喜町278
面積 :3.4ヘクタール

お問合わせ

一般財団法人
千葉県まちづくり公社
千葉市都市緑化植物園管理事務所
〒260-0808
千葉市中央区星久喜町278
電話:043-264-9559
FAX:043-265-6088

平成30年3月の植物園の様子

3月30日ごろの植物園の様子

ツバキ

 今年はツバキが格別によく咲いています。
色も様々、形もそれぞれ違ったたくさんの種類がお楽しみいただけます。
 ツバキの葉はどんな天候の中でも煌き輝かしく、ツバキの名も、つややかな葉の
「艶葉木(つばき)」、光沢のある葉の「光沢木(つやき)」と言われ、花よりも
葉の美しさが由来とされるほどです。
 ツバキは種類が多く、花びら・しべの姿もひとつひとつ鑑賞されますと思いがけない
驚きがあると思います。是非ご覧ください。
※3/31(土)~4/1(日)、ツバキの切花をホールに展示しています。
 4/1(日)は恒例の盆栽展示も行われます。お待ちしております。

つばき ツバキ
つばき ツバキ
つばき つばき
つばき ツバキ
ツバキ ツバキ
ツバキ ツバキ
ツバキ ツバキ
つばき つばき
ツバキ ツバキ
つばき つばき
つばき つばき
つばき つばき
つばき ツバキ
ツバキ つばき
ツバキ ツバキ
ツバキ ツバキ
ツバキ つばき
ツバキ ツバキ


 

3月18日ごろの植物園の様子

フサザクラ

三寒四温でどんどん春が進んでいます。
たった1日で植物の様子はずいぶん変わってきます。
植物たちの春の競演を見逃さないよう、植物園に足をお運び下さい。

上の写真は、「フサザクラ」です。
池のほとり(東側)に植栽されています。
千葉県南部の谷間に自生する落葉高木で
花弁のないおしべとめしべが垂れ下がって咲いています。
マニアックなファンが多い花木です。

カンヒザクラ アンズ
カンヒザクラ(潅木見本園) アンズ(みどりの相談所に向かって左側奥)
アブラチャン ハクモクレン
アブラチャン(東門を入ってすぐ右脇) ハクモクレンは北に向いて咲きます(相談所入口付近)
ボケ ハシバミ
ボケ(催し広場) はしばみ、ひも状のものが雄花、
ピンクの小さいのが雌花(園芸実習園)
レンギョウ ウグイスカグラ
レンギョウ(花木見本園ほか) ウグイスカグラ(催し広場)
シュンラン
シュンラン(野草園)このほか野草園では
春の野草が次々に開花しています。

やっと咲き始めた園内各所のいろいろなツバキ
ツバキ ツバキ
園内には多くのツバキが植栽されています。
咲く時期はずれますが、おそらく30品種以上
のツバキが開花します。
品種不明のものが多く、ご迷惑をおかけして
おりますが、多種多様な咲き方、色合いを
お楽しみいただけると思います。
ツバキ ツバキ
今年は花つきがよく、植物園スタッフも改め
てツバキの美しさに魅了されています。
みなさまもぜひお楽しみください。
ツバキ ツバキ


ツバキ ツバキ


ツバキ ツバキ



3月10日の植物園の様子

トサミズキ

いつのまにか地味で色の少なかった季節を過ぎ、また一歩春に近づいてきました。
先日の大雨で植物たちはしっとり潤い、着実に春への準備を進めているようです。
黄色、ピンク、白と思い思いの花色で植物園を彩ってくれています。
花木見本園では、黄色いトサミズキが満開です。

トサミズキ カワズザクラ
満開のトサミズキ 早くも散り始めたカワヅザクラ
早春の盆栽作風展 門脇のアセビ
アセビが園のあちらこちらで清楚な白い花を
咲かせています
植物園の正門を入ると左右のアセビが
お出迎えします
シダレウメ シダレウメ
「みどりの相談所」入口脇のシダレウメ 今日で7部咲きぐらいでしょうか
サンシュユ サンシュユ
サンシュユも満開 たくさんの黄色い花がぱっと目を引きます。
シナノマンサク スイセン
シナマンサク 黄色いガクがぎっしり 園芸実習園の地面を彩る黄色いスイセンの群れ
アオキ ヒイラギナンテン
アオキ 木にたくさん付いている花芽が
大きく膨らんで楽しみです
ヒラギナンテン 黄色いつぼみが
ちらほら開花し始めました

過去の植物園の様子